4/8のノート

 

1年以上ぶりです。
まあ久しぶりだとか何だとかはいつも書いてるしどうでもいいですね。

例によって読む価値の無い事を思いつきでダラダラ書きます。
僕にしては長いです。

 

 

本当に何から書けば良いのかよく分からないんだけれど、大好きだったアーティスト、ヒトリエのwowakaさんが亡くなったというニュースを今朝知りました。

人間本当にショックを受けた時は何の反応も出来ないというのはよく言われる話ですが今朝の自分はまさにそれで数分ボーッとした後に「いや、、いやいや、、、、」と言いながら何度もその記事を眺めることしか出来ませんでした。

 

好きなアーティストが亡くなるって経験が多分初めてなんですよね。
いやしっかりと思い返せば何だか気に入っていたアーティストが亡くなっていたりするのかもしれないけれどもパッと出てこない時点でそこまで好きなアーティストは亡くなってないんだろうな、なんて思う。

 

 

好きなアーティスト

そう、好きなアーティストの話

 

 

自分は最近、最近? まぁ大学に入るくらいまでアーティストをほとんどと言っていいくらい知らなかった。ほとんどというのは言い過ぎかもしれないが、周りの人間に比べて明らかに流行りの曲、アーティストなどへのアンテナが無く、「あ〜あいみょん(?)最近流行ってるよね〜」「King Gnu?あぁなんか白目、、白日だっけ?w」みたいな反応しか出来ていなかった人間何ですよね。
(もちろんこれらは今流行ってる(と思ってる)ものを例に出しただけであり、僕の中高時代のアーティストの話ではないです)

 

何でかっていうとまあ生まれてこの方クソオタクみたいな生き方しかしてなかったわけで、全然そういう世間が注目してるものに興味がなかったんですよね。自分が好きなものを好いていればいいみたいな。もちろん今はそうではないが。

 

 

じゃあ大学に入る前に何を聞いてたのっていうとドップリだったんですよ。

ボカロ沼に。

 

ボカロっていうのはボーカロイドの略で、認知度が高いのは初音ミクとかですね。ここら辺はどうでもいいので省きますが。

流石に高校時代はもうボカロは聞いてなかったんだけど中学まではそれはそれはもう四六時中ボカロの曲しか聞いてなくて。
だって2008〜2011とかの世代ですよ?(歳がバレる)
もうボカロ黄金期じゃないですか(オタクはすぐ自分の聞いていた時期を黄金期にしたがる)

 

そこのろwowakaはボカロP(ボカロ曲作曲、投稿者)をやっていたんですよね。
(別に古参アピでは)ないです。

まあそれはボカロ曲の中でもそれは素晴らしい曲が沢山あって、その中でも一際輝いてたのがwowakaさんの楽曲だったんですよね。一度聞くとめちゃくちゃ耳に残ってクセになるあのwowakaの音楽が堪らなかったんですよ。学校から帰ってはランキングを漁り、色んなPの曲を発掘して、マイページの新規動画投稿の通知がないか張り付いて、新曲が出た瞬間にマイリスする毎日でした。本当に気持ち悪い。

今は米津玄師さんが有名になったことでよく知られていますが、当時彼がハチという名義で動画投稿をしていた頃くらいの話ですよ。米津が1〜2ヶ月しないくらいで新曲出してたみたいなイメージです。そりゃ張り付くでしょ。
ちなみに米津がハチだった頃から〜〜みたいな斜めになってるオタクは(あまり好きでは)ないです。

 

何が言いたいかっていうとwowakaの曲が大好きでした。

 

 

高校の頃は前述の通りなんか流行ってるような曲を適当に聴いてましたね。

嘘をつきました。本当は高校の頃は音ゲーに死ぬほどハマっててそういう曲しか聴いてなかった。

まあ高校になっても「好きなアーティストは?曲は?」みたいな質問に対して「インストとかをよく聞くから特に・・・アハハ・・・w」みたいな最大限に誤魔化した(誤魔化せてない)キモい返ししか出来ないわけですよ。本当に気持ち悪い。

 

話がそれたけど高校時代はそんなにwowakaの曲に触れてなかったんですよ。

 

 

でも

大学に入るくらい(大学入試くらい?)にようやく見つけるわけですよ。

ヒトリエってバンドを。

 

人間は10代なんぼで聴いてた音楽で音楽の好みが決まる〜〜みたいな話をどっかで聞いたような聞かなかったような感じがありますが、僕はまさにそれで中学の頃に聴いていたwowakaの音楽に染まってしまっていて、それ故にヒトリエの音楽はドンピシャ好みだったわけですよ。

そこからはいうまでもなくずっとヒトリエの音楽を一ファンとして楽しんでいました。

そこでまあファンの楽しみって言ったらライブですよね。

 

中高から普通に何らかのアーティストのファンとして生きてきた人たちは高校〜大学くらいでライブに行ったりするわけだけど、僕は大学4年まで人生で一度もライブに行ったことがなかったんですよね。相当な隠キャです。みんなと音楽に対する成長スピードが一段階遅れてる感じ。高校で隠キャだった人が大学でイキり始めるみたいな、そんな感じの「ズレ」が音楽に対してあったと思う。(多方面から怒られる)

(知り合いのライブとかそういうのはノーカンで)

 

それはお前が単に音楽がそこまで好きじゃなかっただけやろ、と言われたらまあそうかもしれないがまあ普通に大学生活送って就活してたらそんな感じになってたんですよね。そこであぁライブに行ってみようかと思って人生で初めて行ったライブがヒトリエのライブだったんですよ。去年の10月くらいですかね。

 

めちゃくちゃ興奮しました。今まで自分が聞いてきた音楽を作ってる人が目の前にいること。その人の曲を生で聴けること。会場にいる人たちのほとんどがそのアーティストのファンで、そのアーティストが好きで、その人たちと一緒に音楽を楽しめること。ライブ童貞だった僕には刺激がダメでしたね。いや最高だったんですけれども。

そっから米津さんのライブに行ったりPerfumeのライブに行ったりと怒涛のライブ素人童貞タイムを楽しんでた時期がありました。

完全にライジングサンに行ってる友人たちを眺めながらライジング(何とは言わないお店)に行ってたことを後悔しました。

 

 

 

それであぁライブはいいものだと、また行きたい
都内に就職するから行きやすいかなあ

 

なんてことを考えていたんですよね。

 

 

 

人生で初めて行ったライブが、ヒトリエの初めてのライブで

ヒトリエの最後のライブになっちゃったなあ。

 

 

今朝ニュースを見た時に一番最初に思ったのがこれなんですよね。

なんかもう聞けなくなる前にヒトリエのライブに行けてよかったって気持ちと、もうヒトリエのライブには行けないんだなぁっていう気持ちがぐちゃぐちゃになってキツかったです。

もちろん、ヒトリエの残りのメンバーがまたライブをしてくれるかもしれませんがそれはwowakaのいるヒトリエじゃないんですよね。

 

 

 

前に友人と話したことをふと思い出したんですけど

ある音楽をよく聞いていた時って、その時やっていたことをすごく鮮明に思い出しませんか?逆もよくあるんですけど。

受験期の頃に聴いてた曲を聴くと受験期を思い出すとか、就活してた時にハマってた曲をふと耳にすると就活の頃を思い出すとか。

 

僕の場合、というかファンの人たちは、きっといろんな場面でwowakaの曲を聴いていたので、曲を聴く度にその曲を聴いていた頃に何をしていたかとか、何かをしていた時にあぁこの曲聴いてたなとか、思い出すんじゃないかなあ。

 

今朝のニュースを聴いてからずっとヒトリエをシャッフル再生してたんだけど度々そう言う感覚があってああずっとこの音楽と生きてきたんだなあって感じ。いやそんな大層なものではないか。わからん。

 

 

 

そんな好きでもないだろとかライブに1回しか行ってない奴が何言ってんだとかそういうのはめちゃくちゃ分かります。

 

分かるけどやっぱり自分の好きな、好きだと言えるアーティストが亡くなるのは

堪え難いなといった話でした。

 

なんかこれは今日中に書かないとダメだなって思って急いで書いたので誤字脱字があっても勘弁してくださいって感じだ。

 

 

ご冥福お祈りします。

 

 

 

 

 

完全に余談なんだけど、

突如として?Twitterに現れたGyoson(@gyoson_)さん、

めっちゃトーマさんなんじゃねって言われてますよね。

というか曲調が完全にトーマのそれなんだけれども(音弱並感)

 

トーマさんもボカロP発アーティスト(?)としてとして
復活してくれればなあなんてことを思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2/17のノート

 

気がつけば2018年も既に2ヶ月近くが過ぎている事に気づき驚く
時間の流れ早過ぎワロタって感じだ

 

最近のこと

就活が終わりました
就活を始めた頃からずっと行きたかったところに落ち着けたのでサイコー
文句ナシ
支えてくれた友人達に感謝しかない

ついでに単位も(おそらく)取り終わりました
もう1時間かけて大学には(ほぼ)行かなくていいのでサイコー

 

 

これからのこと

何するの?

約14ヶ月あるんだよね、、、
一番の目標は友人と海外旅行に行くこと
留学否定派な僕だけれどもそれはあくまで就活というステージの上での話であって、やはり経験として一度は海外に行ってみたい
シンガポールを予定してる

そのためにお金を貯めます
本当です

 

あとは実務的な勉強しつつ応用情報でも取れたらなぁなんてことをぼんやり考えています

あと筋トレ()
やるって言ってやった試しがないけどやります
いいコードはいい筋肉から(?)

最後に卒論ですね・・・・

 

 

 

先輩にも言われたけどとりあえずまとまった時間のある今しかできないこととかをどんどんやって行きたいなぁと

なんか「これやったら?」みたいなことあったら教えてください

 

あと仲良い人暇な人、無限に暇なんで飲みにでも誘ってください

 

 

 

 

 

 

9/24のノート

日が暮れるのが早くなって
夜に窓を開けておくと くしゃみが出るようになって

どうやら夏は終わったらしい

 

この夏何をやったっけと思い返す

 

やりたい事よりもやらなくてはいけない事を色々やった感じがする
あくまでやった感じがするだけで、本当にやれたかどうかは定かではないんだけれども、とりあえずやれたということにしておきたい

まぁでもあれだ
某G社に遊びに行けたりとか貴重な経験ができたのは間違い無いと思う

 

ただ旅行に行けなかったのが残念だなぁ
時間がないというのは残酷なものだ

 

とりあえず小さな目標が要所要所にあって、それを追いかけ続けていたらいつのまにか夏が終わっていたという感じがつよい

 

その小さな目標はしっかり大きな目標に繋がるのかとか、お酒飲みたいとか、マーリンに課金するべきかとか、色んなことをぼんやり考えながらこんな駄文を綴っている

 

 

そういえば明日から大学がまた始まる雰囲気がビンビンきてる

自分は学生であったなぁなんてことを思い出しつつ予定を確認してみると受講予定の講義の時間にバイトが入ってる

 

 

夏は終わっても、夏休みはもう少しだけ続くらしい

 

 

 

 

 

 

 

なんやかんや

 

お前もう絶対ブログ書かないだろと思っていた人もいるでしょうお久しぶりです。

ジャスト2ヶ月ぶりの更新です。

 

この2ヶ月自分にとっては久しぶりに忙しい生活が続いたのですが、なんとかやりたいことに集中出来る状況に落ち着くことが出来ました。

7割くらい周りの人のおかげだと思うんですけどそれでも自分も少しは成長できたんじゃないかなぁと。本当に環境に恵まれているよなと改めて思いました。

 

 

そうそう環境

環境っていうのは自分はほぼ「コミュニティ、またはそのコミュニティに属している人間」みたいな意味で使ってるんだけど、これが本当に大事だってことに気付いたフリをしたい。 

 

なんで大事か
っていうのを自分はこう思ってるよ!みたいな話になるんだけど、一番は その環境(コミュニティ)にいる人間の考え方に触れることができるから大事なんだと思う。

 

他人の考え方に触れることの何がいいんだよ

 

世界は広いといえど自分と全く同じ状況、考え方で生きてきた人間なんてまぁいないわけで、そうなるとそれぞれ見えてるもの、視点?視野?も当然異なってくると思う

そんな中で自分が見えてないものが見えてる人間とかに出会って「あぁ自分はこれが見えてなかった、この視点はなかった」と気づくこと。
刺激を受けること
気づいて、視野を修正して、考え方の幅を広げていくこと。

 

これがめちゃくちゃ大事なんじゃないかなぁって最近は思うわけですよ。

だから自分から環境を変えるもよし、新しい人に出会いに行くもよし
そういうフットワーク軽い友達から話を聞くでもなんでもいいんだけども
そういう刺激を受けて常に考えを磨き続けることがこの先役に立つんじゃないかなと思ってる。

あくまで僕が思ってるだけね
正しいかはわからん

 

何書いてるかわかんなくなってきたのと
日付が変わってガチャ回しに行かなきゃいけないからこんぐらいにします。

相いも変わらず日本語は下手なまま 

 

次は期間あけないで何か書けるといいなあ

 

 

 

得意なことがあったこと.

 

特技ってなんだ

 

世の中まぁ知らない人まみれで

初めて会ったり話したりした時に聞かれる定番(?)であるじゃないですか

 

「趣味・特技は?」

 

いやまぁ趣味は分かる

〜〜にはまってます!だの、毎週末〜〜しますだの人それぞれ何か夢中になれるものがあるわけで

いや僕にはないんですけどね

昔は「Twitter!」なんて答えてたけど

そういうのが通じるのはどうやら高校生までらしく当たり前に「は?」みたいな顔をされる(当たり前)

とてもつらい

だから無理やりカメラで写真撮ることです!とか適当にごまかしながら生きているんだけども

 

特技ってのはごまかしようがないよなぁと

どうやっても言えなくない?それ

 

理由

①シンプルに得意なことがない

②「得意」と言い切れない

 

 

いや9割は①なんだけど

②がまあまあ思うところがあって

 

何年か人生をやっていくとやっぱりなんらかの分野に特化した人に出会うわけで

そういう人を知るほど

 

「自分はこれがそこそこ出来る」

「・・・けどこの人ほどじゃないな」

「じゃあ得意ってほどでもないな・・・」

 

自分より上がいるんだもん

調子乗ってすいませんってなる

めっちゃネガティブ

 

 

でも世の中には自分の上位互換が山ほどいる

その「得意な人」から見てもさらに上がいる

ってことを考えるとそんなに気にしなくていいんじゃね

というより気にしてたらキリない

 

みたいなポジティブな考えもポツポツ浮かんでくるから困ってしまう

 

題名にあるように某有名バンドも歌ってたなと

自分より得意な誰かがいたからやっぱ胸張って「これが得意です!(特技です!)」って言いづらい

 

 

だから特技は?って聞かれたらどう答えようかなぁなんて思いながら今日もベッドにインしてぽやしみだよ

 

明日は雨の中9:00~20:00労働

つらいつらい

 

 

 

 

orbital period

orbital period

 

 

 

 

 

 

 

helloworld

文章を書くことが致命的に下手

これは20を超えた人間として非常にマズいと気づいたので

 

思ったこと、感じたこと、考えてること、やったこと

色々文章にしていこうと思う。

 

 

既にこの文章がマズい。